カテゴリー
相性

パパ募集

彼女と出会ったのは出会い喫茶でした。僕は出会い喫茶マニアでよく出入りしています。でも、地元の出会い喫茶は避けています。だって、思わぬ知り合いとばったり出くわしたら気まずいでしょ。だから、電車乗って県を跨いだところにある出会い喫茶まで足を伸ばしています。
決まりきった風俗嬢と同じプレイを繰り返す風俗よりも、僕は出会い喫茶で素人さん拾う方が好きですね。もちろん、成果のない時もありますが、それはそれで楽しいのです。口説いたり交渉したりするシチュエーションを楽しんでいる感じもあります。
パパ募集の女の子も多いですよ。まあ、僕もパパと呼ばれて違和感のない年齢と腹回りになりましたから、喜んでパパになりますね。
先日、パパ募集していた女の子がまたかわいかったんですよ。マジックミラー越しなので僕の姿は見えないはずなのに、目と目が合った感じがしてね。単純なもので、そう言うところで運命を感じるのですよ。20歳の女の子で「おうちまで送ってくれるパパ募集してるの」なんて言ってました。なんのこっちゃ?と思いましたが、遊んでいてお金が無くなったので、帰りの電車賃が欲しいとのこと。
ご飯行くだけでお金もらえる
電車賃もらって家に帰りたいからって安っぽいパパだなあ、と笑ってしまいましたね。まあ、電車賃だけで済むわけではなく、こちらもそれ以上を望んでいるわけで、たっぷりと遊ぶことができました。
そろそろ終電なので「お開きにしようか」と言うことになって、彼女も「あ、私も」と言うことになり、気づけば同じ方向の電車に乗っていました。こう言うのはアリがちなのですけど、降りる駅も一緒だったのですよ。
「地元だと知り合いとうっかり出くわすのが嫌なんですよ」などと僕と同じようなことを言っていました。地元を避けてわざわざ遠方まで出かけて、地元の人間に会ってしまうと言うのも、世間は狭いもんだね、と笑い合いました。
彼女とは以降も度々出会い喫茶で会ってまして、今ではすっかり彼女のパパです。
「近所に住んでいるのに、なんでわざわざこんな遠くまで来て私たち会ってるのかな?」なんてベッドの中で笑い合っています。
出会い系で愛人契約
パトロン募集

カテゴリー

JCとの援助交際

中学生の妹の裸くらいでドキドキはしないのだが、それでもすっかり女らしい体になって、風呂上がりにピンクの乳首をおったてながら、コカコーラライトなんかをぐびぐびやりつつ、乳房をブルンブルン揺らして大好きなヴィッセル神戸を応援している妹には目も当てられない。
さすがにボーボーになってきたマン毛が恥ずかしいのかパンツこそ履くようになったが、基本的に妹は家の中では全裸族だ。
年は離れているとはいえ、イマドキの中学生ならすっかり大人の体。顔が視界に入らなければ、そこにいるのは単なる痴女と変わりなく、うっかりと俺の股間がドライブシュートの軌道を描く危険性もはらんでいる。
兄としては「お前、そんな恰好は家の中だけにしておけよ」と言うくらいが精いっぱいだ。
すると妹は「やだなー、外で脱ぐのはエンコーの時だけだよ」と返してきた。
ちょっと待て。エンコーだと?JCとの援助交際をしたがる男はいっぱいいるが、まさか妹までもがその毒牙にかかっているのか。
JCと円光する
いや、もう大人の体なのだ。JCであることを明かさなければ、「まさか未成年だとは思いませんでした」との援助交際マンにありがちな言い訳も通用する。妹のボイーンとしたロケットおっぱいを見れば、取り調べをしている警官も「わかるー」と納得してしまい不問に処される可能性が高い。
だめだ。成人するまではそのロケットおっぱいは家庭内の中だけのものだ。JCとの援助交際なんて認めてはならないのだ。
だが、妹はあっけらかんと言った。
「水泳の授業の時とかさ、エンコーしなきゃだめじゃん」
エンコー?まさか、俺は変更をエンコーと聞き間違えたのか。そもそも、着替えのことを変更という文化がこの日本には存在するのか。いや、それがJC文化なのかもしれない。そう言うことにしておこう。妹が援助交際しているなんてシャレにならないからだ。
そんな逡巡を繰り返す僕に対して、妹はこちらを横目で見ながら苦々しく言ってきた。
「アニキさー、せめて家の中くらいはパンツ履いてよ。チンコ勃ってるじゃん」
すいません、全裸族の兄は、ちょっと良からぬ想像をしてしまっていました。
お金をください
お金欲しい