包茎手術さえ受ければ、全てがうまくいくし明るい未来が待っているって思っていたんです。
そんな僕に、また新たな悩みが発生してしまったのでした。
手術すれば何とかなるって期待感があったんだけど、その手術跡が半端じゃなくクッキリしちゃってて、あまりにも目立つようなチンコになってしまったのでした。
無事に皮を剥くことはできたのですけれど、色合いが極端に違うチンコになってしまったのでした。
これって自分でみても、めちゃくちゃ恥ずかしい状態って感じだったのです。
こんなチンコを女に見せたら、絶対に笑われてしまうに違いないって感じだったのです。
せっかく皮を剥くことができたのに、これじゃ意味がないじゃないかって感じでした。
こんな二色のチンコを人前で出すことなんか、絶対にできないよなって感じでますます落ち込んでいく一方になったのです。
本当に踏んだり蹴ったりじゃないかって感じで、セックスがまた遠ざかってしまったような感じがしちゃったのです。
すぐにこれでセックスする相手を探すことができるって思っていたんですけどね、またもや高いハードルを作ってしまったような気がしました。
このままじゃ一生童貞じゃないのか、セックスしたいのにできないなんて生殺しだって感じです。
とても頭を悩ましちゃって、気分が落ち込む一方になってしまったのでした。
ボーナスで余計なことしなくて良かったのと、後悔まで生まれるようになってしまっていたのです。
これなら包茎のチンコでセックスした方がまだ良かったのかもしれない、そんな気持ちにまでなっていきました。
セックスしたいけどこれじゃ、絶対に裸になることはできませんからね。
また、初体験が遠ざかっていくのを感じていて、心が重くなっていくのでした。