包茎手術自体は成功はしたのですが、その後のチンコの色には本当にショックを隠しきれない状況で、気分まで落ち込んでしまったのです。
「どうしたんだ、最近まったく元気がないじゃないか?」
同僚にもこんな事言われてしまうぐらい、気持ちが塞いでしまっていたのです。
このまま童貞を続けるのかと思うと、地獄が待っているような気持ちになっちゃったのです。
そんな僕がネット検索をしている時のことだったのですが、何と自分と同じような境遇の男がセックスを経験することに成功したと言う事が書かれていたのです。
もしこれが本当のことだったら、光明じゃないかって思っちゃったんです。
だって自分と同じようなチンコの悩みを持っている男が、実際に筆おろししてもらうことに成功したと言うのですから、自分にも何とかなる可能性があるのです。
セックスを経験する可能性が少しでもあるって分かった途端、肩の荷がおりた気分になっていったのです。
そこに書かれていた事、本当に自分に当てはまることばかりだったのです。
包茎で悩んでいたその男が、手術したけれど色がクッキリ分れちゃった、それを逆にアピールしてみたと言うのです。
すると、童貞狩りが趣味な女と知り合うことができてしまってそのまま初体験が成功という流れになったようでした。
童貞が好きな女がたくさんいるらしく、実際に初体験することは難しくないらしいのです。
これって凄いなって思っちゃって、心臓バクバクさせながらそれを読んでしまったのでした。
彼と同じ方法を真似していく事で、何とかセックスをすることができるという気持ちになっていきました。
実際自分と同じようなチンコの悩みを持っていた男が、ネット使って初体験することができちゃったんですからね、自分にだってチャンスがたくさんあるような気分になったのです。