22歳の年下の女子大生とラブホテルに入って、フル勃起のチンコを見せたのですが、笑顔で可愛いと言ってくれたのです。
それで安心しちゃって、何だかリラックスした興奮を味わうことができたのでした。
童貞卒業の瞬間を迎えて、チンコは硬くなる一方でした。
女子大生を裸にしてその美しくエロチックな肉体を目の前に、理性と言うものは完全になくなってしまっていたと思います。
まさに無我夢中で女子大生の体をご馳走になっていったって感じでした。
オマンコの穴に突っ込んだ時の気持ち良さといったら、これがセックスなんだって実感することができて陸上で鍛えた腰でピストン運動を激しくやっちゃったら、どえらく喘いでくれるんですからね。
オマンコの穴が気持ちよくて、夢中になってズボズボやりまくっちゃったんですよ。
セックスは最高だ、本当に最高だったんですよ。
結局2発やらせてもらうことできちゃって、最高に気持ち良い初体験になったのでした。
これはもっとセックスを楽しまなければいけない、そう思って記事を書いていた男のように、童貞のふりをしながら相手探しを続けていく事にしたのです。
童貞狩りが趣味の女はたくさんいる、だから僕とセックスをしたいと思うような人をみつける事ができちゃったんです。
その後も各出会い系サイトで、いろいろな人とメール交換をしていきました。
2人目の相手は33歳の既婚女性、これまたとても色っぽくて奇麗な人だったんです。
彼女のオマンコでもたっぷり快楽を味わっちゃったんですからね。
さらに、26歳のキャビンアテンダントとも知り合うことに成功しちゃうんですからね。
出会い系を使えばセックス三昧は確実に楽しめる、もっともっと快楽を味わっていくつもりになっていきました。

童貞とか包茎手術の跡とかコンプレックスになっちゃうかもしれないけど、そういうのまったく関係なく筆おろしをしてもらうことができる相手を見つけられるのか、有名な出会い系サイトなんです。